『英語 徹底口練!(てってい くちれん)』の構成

英語の「聴く力」と「発音する力」を同時にトレーニングすることで、実践的な英語コミュニケーション能力を無理なく身につけることを目標と掲げるのが、『英語徹底耳練!』の姉妹書、『英語 徹底口練!(てってい くちれん)』です。それほどこれらの参考書はよく知られています。

『耳練』『口練』という言葉を耳にしたことがある、いう、英語学習者はおそらく少なくないでしょう。しかし? TOEICのための英語、というものがあるわけではなく、英語の本当の実力がそなわれば、TOEICのスコアも当然ながらアップするはずです。

TOEICテストの対策には、もちろんTOEICテストの形式や問題レベルを知るために、それ専用の参考書を用いることは大切です。

『英語 徹底口練!(てってい くちれん)』今井 邦彦(東京都立大学名誉教授)、外池 滋生(青山学院大学教授) 共著、Joseph T.McKim(英文)
定価:1,575円(税込)

『英語 徹底口練!(てってい くちれん)』の構成
第1部・・・理論編では、「どうすれば英語の「聴き取り・発音」が上達するのか?」をテーマに学習を進めます。
第2部・・・実践編では、英語の「発音・連続音」を攻略するトレーニングを取り上げます。日本人が聞き取りにくい、したがって発音が難しい音を徹底的に解析します。

さらにお勧めなのは、本書の「Column」です。
コラムは、英語への関心を高めてくれるとともに、時にはつらいことも、行き詰ることもきっと!あるだろう、英語学習に刺激と活力を与えてくれます。TOEICテストの参考書として、是非加えてください。たとえば、お勧めコラムは?「意地悪なジョーク」など、特にお勧めです!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。