『TOEICテスト730点突破のための英単語と英熟語―出題頻度順 英単語847と英熟語602』

本書は、過去のTOEICテストの問題を語彙関連だけでなく、TOEICテストの全域にわたって、その解答のカギとなる英単語、および英語イディオムを抽出し、およびその傾向をコンピュータ処理で完全に分析したうえで、科学的データに基づいて作成されたものです。したがって、本書で語彙力を充実し、さらならアップを目指すことで、語彙関連の問題はもちろんのこと、ヒヤリング、リーディングの全範囲にわたるテスト対策となります。

お勧めは、『TOEICテスト730点突破のための英単語と英熟語―出題頻度順 英単語847と英熟語602』です。

●『TOEICテスト730点突破のための英単語と英熟語―出題頻度順 英単語847と英熟語602』●著者・・・宮野 智靖本書の執筆者でいらっしゃる、宮野 智靖氏は、ペンシルベニア州立大学大学院スピーチ・コミュニケーション学科修士課程修了(M.A.)し、TOEICテストで目指す「世界的に通用するコミュニケーション能力」を熟知した先生です。

本書は「TOEIC730点」というレベルを目指す受験生向けとして、このレベルの受験生ならば、当然、理解していると思われる簡単なレベルのボキャブラリーや、不要な問題・・・実際のTOEICに出題されそうにないボキャブラリー・・・は、一切排除することで、効率よく学習できる参考書です。


TOEICテストに限らず、基本的な英語の文法をある程度マスターした方々にとって、はて? 次はどうしたらいいのだろう・・・と、いう壁に突き当たってしまう瞬間が遅かれ早かれ、訪れることでしょう。
そんな「上級の」悩みを抱えていらっしゃる方は、語彙力アップを目指してみてはどうでしょう?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。