TOEICスコア

身近な内容からビジネスまで幅広く、どれだけ生きた英語でコミュニケーションできるかが、判断の基準となります。TOEICテストは、合否判定ではなく10点から990点までのスコアで評価される客観テストです。このスコアは、常に評価基準を一定に保つために統計処理が行われることから、能力に変化がない限りスコアも一定に保たれているという点が、TOEICの大きな特長であり、企業などが個人の語能力を判定する資料として有用する理由です。したがって、長年!英語の学習を継続している方にとっては、TOEICテストを定期的に受験することは、自分の学習成果を把握し、学習の励みになることでしょう。

TOEICテストは、このように独自の理念のもとで形成されていますから、その形式を理解する参考書が必須です。『TOEIC テスト 新公式問題集』は、TOEIC運営委員会発行の参考書です。TOEICテストは、世界約60ヶ国で実施され、その国独自の文化的背景や言いまわしを知らなければ解答できないような、偏った問題は排除されるよう配慮されています。

TOEICテストの重点は、英語のコミュニケーション能力にあります。TOEICテストは、英語検定のように「?級」という設定はありません。TOEIC受験に際しては、まずはこの参考書から学習をスタートするのがよいでしょう。

リスニングとリーディングは、受動的な英語能力ですが、これらの能力を客観的に測定することにより、スピーキングとライティングという、能動的な英語能力までも含めた、英語によるコミュニケーション能力が総合的に評価可能になるよう、配慮されています。そのため、世界共通の英語能力基準として重視されるのです。したがって、和文英訳、英文和訳などの設問はありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。