新TOEICテストスーパー模試600問

テスト形式を理解しているかいないかだけで、かなり得点に開きがでるといっていいでしょう。いずれを受験するにしても、それぞれのテストの特徴をよく理解した上で受験に臨むことが重要でしょう。

英語能力をはかるテストには、TOEICテスト以外にも、英語検定および、大学センターテストなどがあります。次にご紹介する、「新TOEICテストスーパー模試600問」も、公式問題集と同様、本番と同じ形式をとっているため、本番の予行練習として利用できます。

特にTOEICテストの場合、テストの形式を理解していないと、あれよあれよという間に時間が経過していってしまいます。そこで、まずはTOEIC運営委員会が発行・編集する公式問題集、『TOEIC テスト 新公式問題集 シリーズ』(vol.1?3)で、本番さながらのサンプルテストで学習し、そのうえで、ほかの参考書へと進むとよいかもしれません。

「新TOEICテストスーパー模試600問」
●著者・・・ジョージ・W. パイファー

本書は、模擬試験3回分を収録しています。
・リスニング・リーディングごとに3回分の予想スコアを算出できることから、受験前の最後の仕上げ用の参考書としてぴったりです。新たにリニューアルされた、新TOEICテストの最新の出題傾向に完全準拠しています。2006年9月からPART 6の形式が変更されましたが、それにも完全対応しています。また、受験生にとって悩みの種である、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアの発音も本試験と同じ比率で収録しています。
・本試験に出る語彙・フレーズを、質、レベルを維持して盛りだくさんに満載した良質の問題で構成されています。また、解答解説は、問題をすべて再収録し、別冊形式になっていますので、通勤や通学時にそれだけ携帯して学習するのに便利です。
お勧めは、巻末付録の「超頻出フレーズ340」。直前1時間のぎりぎりの見直しにも力を発揮します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。