TOEICテスト 新・最強トリプル模試

本番さながらのサンプルテストでテストの形式を理解したうえで、自分の弱点や強化すべきポイントを絞り、そのうえで、ほかの参考書へと進むとよいかもしれません。次にご紹介する、「TOEICテスト 新・最強トリプル模試」は、公式問題集と同様、本番と同じ形式をとっているため、本番の予行練習として利用できます。プレテストにより、掲載の600問すべてに正答率を掲載していますので自分のレベルを知ることができ、励みになります。

本書の強みは、TOEICテスト受験指導として定評がある、エッセンスイングリッシュスクールの指導経験と豊富なデータが、その基盤となっていることでしょう。TOEICテストの受験にあたっては、まず、TOEIC運営委員会が発行・編集する公式問題集、『TOEIC テスト 新公式問題集 シリーズ』(vol.1?3)を参考書として学習します。これらの経験に基づいた新テスト対応の3回分の模擬試験は、受験者にとって心強い味方となります。

*エッセンスイングリッシュスクールでは、「新TOEIC模試」を実施しています。また、リスニングセクションの音声では、本番同様、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアの発音を本番と同様の配分で収録していますので、偏りなく学習できます。

『TOEICテスト 新・最強トリプル模試』著者:中村 紳一郎 , Susan Anderton, 神崎 正哉 , 小林 美和『TOEICテスト 新・最強トリプル模試 』の内容4人の執筆者たちの経験と、最新のデータに基づいた予想問題3回分収録しています。また、受験本番の総仕上げとして利用するのもいいでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。